シナプソロジーとは

脳を活性化させるには、脳に適度な刺激を繰り返し与えることが必要で、楽しく、意欲的に行うことで、更に効果的になると言われています。
シナプソロジーは、「2つのことを同時に行う」「左右で違う動きをする」といった普段慣れない動きで脳に適度な刺激を与え、活性化を図ります。複数人で楽しく行うことで、感情や情動に関係した脳も活性化され、認知機能や運動機能の向上と共に、不安感の低下も期待できます。

昭和大学脳神経外科の藤本司名誉教授にアドバイスを頂きながら、株式会社ルネサンスが独自で開発したプログラムです。笑顔やコミュニケーションが生まれるので、楽しく続けられるのがこのプログラムの魅力です。

 

【プログラムの概要】
じゃんけん、ボール回しといった基本動作に対し、五感からの刺激や認知機能への刺激を変化させつづけ、それに反応することで脳を活性化させていきます。(刺激の変化をスパイスアップと呼びます)
刺激に対する反応方法としては、必ず動きを伴うように構成されています。

藤本 司( ふじもと つかさ )

昭和大学名誉教授

シナプソロジー医学 顧問

アレクサンダー・テクニークBC 顧問

さがみリハビリテーション病院 顧問

日本脳神経外科学会 専門医

日本脳卒中学会 専門医

日本脳神経超音波学会 名誉会員

日本脳神経外科漢方医学会 顧問

横浜地方裁判所 専門委員

関東脳神経外科認知症研究会 世話人

シナプソロジーの効果

シナプソロジーは、多くの効果が期待できるプログラムです。

筑波大学体育系の田中喜代次教授が代表取締役を務める株式会社THFにおいて、シナプソロジープログラムの効果検証を行った結果、注意力が高まり、判断力が早くなる等の脳機能の改善とともに、爽快感が向上し、疲労感や抑うつ感が低下する等、心理面における効果も立証されております。

※シナプソロジー、シナプソロジーロゴ、SYNAPSOLOGYは、株式会社ルネサンスの登録商標です。

リハニックに関するご質問・ご相談等、お気軽にご連絡ください。

​お待ちしております。