訪問鍼灸とは?

ご自宅や施設にお伺いし、はり・きゅう・もみほぐしを実施致します

◯鍼(はり)

筋肉内の硬結部位に対して物理的な刺激を与えることで筋緊張緩和を図るだけでなく、免疫系や自律神経系に働きかけることで、血流改善や鎮痛効果をもたらします。
鍼と言うと恐怖心を抱く方がいますが、使用する鍼は髪の毛ほどの細さ(直径0.14mm~0.20mm程度)で、個人差はございますが、安心してご利用頂くことが可能です。
感染対策として、1本ずつ滅菌処理された使い捨て鍼を使用しますので、衛生面に関しても安心して治療を受けることができます。

 

鍼は緩やかに効果を発揮する傾向があり、穏やかに効果を実感頂くことが出来ます。

★鍼が苦手な方用に鍼の無いタイプの準備もございます。

・シールタイプの鍼(円皮鍼)

・刺さないタイプの鍼(ローラー鍼)

苦手な方は遠慮なくご相談下さい。

 

◯灸(きゅう)

お灸は、ヨモギを乾燥させた艾(もぐさ)が原料として使われており、温熱刺激により自己治癒能力を向上させ、冷えの解消や、血行促進、筋緊張・痛みの緩和が期待出来ます。 お灸には様々な種類がありますが、弊社の施術は温灸が中心です。
温灸は間接灸の1種で、肌に直接お灸を置くのではなく、熱感よりも心地よい温かさが感じられます。

 

◯もみほぐし

​筋肉の硬結部位を優しくもみほぐします。それにより、以下の効果を見込む事が出来ます。

  • 血行・リンパの循環改善

血行不良はマッサージによって解消へ導くことができます。 血行不良が悪化すると、 体の痛み、 うつ、 強い寒気などに襲われることがあります。 マッサージは、 こういった症状の緩和を図ります。

  • 筋柔軟性の維持、向上

ご高齢になってくるほど、筋肉の柔軟性が失われ、力が入らない。うまく体が動かせない。固くなった筋肉が苦しい。等の症状が出てきます。

そういった筋肉の柔軟性を維持、向上させ発痛物質の流れを良くすることで、疼痛の緩和を図ります。

  • ストレスの緩和、リラクゼーション効果

施術によるスキンシップやボディタッチや会話を通してコミュニケーションを図ることで、ご病気や後遺症・疼痛などの様々な症状で悩まれたり、不安や孤独感のある患者様に安心感や安らぎを与え、不安なことやストレスなどが緩和されると期待されます。

 

安心感や信頼感などが得られることにより、メンタル面のケアやサポートが期待できます。